FC2ブログ

幸福の科学 学園

教育方針

  • 人間としての真の生き方を教える「宗教教育」を根本に据えます。

  • 「塾のいらない学校」として、一人ひとりの進度に合わせたきめ細かい進学指導を行います。

  • 充実した英語教育と国際交流で、国際性を高めます。

  • 21世紀をリードする「知の応用能力」を育みます。

  • 世界を目指せる部活動で「文武両道」を実現。感性や芸術性も磨きます。

  • 「全寮制教育」のなかで真の友情と自立心を育みます。

  • 自由闊達な校風と宗教的環境の中で、各自の才能を伸ばす「天才教育」に力を入れます。


創立者


幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法



学級編成


中学校 : 1学年2クラス、60人(中学全体 : 6クラス、180人)
高等学校 : 1学年3クラス、100人(高校全体 : 9クラス、300人)
※中高とも、男女共学・全寮制です。入試にあたっては、一般的な学力試験を行う予定です。



幸福の科学 学園
スポンサーサイト



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

日本の教育で国債社会を生き残れるか

熾烈な海外の教育事情


  • アメリカ・・・指導力不足の教育を左遷

  • インド・・・小学生を留学させる


各国が教育に厳しい競争原理を働かせるのは、知力こそが国を発展させるという自覚の表れだ。しかし日本では、民主党が政権を取ってからは、あれほど「ゆとり教育は良くない」と言われながら


  • 教員免許更新制度の廃止

  • 全国学力テストの縮小


など、ゆとり教育への逆戻りの動きが加速している。熾烈な教育の競争が繰り広げられる国際社会で、果たして日本の教育は未来を開いていけるのか。



国際比較で低下の一途をたどる日本の学力


  • 2000年→2003年→2006年

  • 数学1位→6位→10位

  • 科学2位→2位→6位

  • 読解力8位→14位→15位


国際学習到達度調査(PISA)による日本の推移。(文部科学省ホームページより)


現代では、知力が富を生み出す時代と言われているが、子どもの学力の低下が、将来の日本の国力に繁栄される。民主党は、教育界に競争を無くすという、社会主義的思想を導入しようとしているが、いつ考えてもゾッとしてならない。


そういった教育界の流れの中で、真なるリーダーを育てることを理念としている幸福の科学学園の思想が、教育界に浸透していくことが望ましい。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

幸福の科学学園 中学校・高等学校を栃木県が正式認可

財団法人「幸福の科学学園設立準備財団」は、2009年12月1日、栃木県知事より、学校法人「幸福の科学学園」の設立及び幸福の科学学園、中学校・高等学校の設置の認可を受けた。


幸福の科学学園は、平成10年4月の那須での開校に向けて、準備が進められている。年明けに、東京や大阪などで、入学試験が実施された。


幸福の科学学園、中学は1学年2クラス60人の定員180人。高校は1学年3クラス100人の定員300人。男女共学の全寮制で、幸福の科学の信者子弟を中心に全国から生徒を募集。


那須町内にある宗教法人幸福の科学の総本山・那須精舎の隣接地に建設されている幸福の科学学園は、敷地面積10万平方メートル。3階建ての校舎や屋内プール付きの2階建て体育館に加え、男子・女子寮、食堂などを併設。幸福の科学学園の創立者である大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁からの寄付で建設された大川隆法記念講堂は、幸福の科学学園の象徴的な建物である。


幸福の科学学園の教育方の特色は、「徳ある英才の創造」「天分を伸ばす教養教育と高大―中大連携教育」などで、高度な教育と徳育を融合させながら、社会に貢献する未来型リーダーを養成していく。


栃木県庁で行われた記者会見で、幸福の科学学園泉聡彦(としひこ)理事長は、「学園では、大川隆法総裁の説かれる仏法真理、宗教的真理に基づいた理想の教育を行います。人々の幸せに貢献し、理想の世界をつくっていくための人材を多数輩出してまいります。」と抱負を語った。



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

大川隆法「人生の羅針盤」 教師の「うつ」を防ぐために

うつ病で休職する教員が相次ぎ、現場が混乱している。そのような教員が増えていることについての、霊的な背景や、その対策法とは?


現在の学校の霊的環境は悪化している

昔の子供たちは純粋だったので、悪例に憑かれることはあまりなかったが、荒れた家庭が増え、家庭の中が「悪霊生産工場」のようになり、子供たち自身がその悪影響を受けていることが、おそらく教師のうつ増加に関係している。

小学校三年生から四年生ぐらいで、大人のようなことを口走ったり、大人に言い返したりする子供が出始めているが、ものすごく暴れたり、悪口を言ったり、罵り言葉を使うなどして、大人と喧嘩できるようになると、たとえ子供であっても、悪霊に入られてしまうことが起きる。

先生は、それを抑えることができないばかりか、先生自身も仲間であったりすることもある。


幸福の科学学園・・・那須に幸福の科学の学校が2010年4月に開校。全寮制の学校です。


教員にも指導実績が求められている

教員の精神的疾患のもう一つの原因は、仕事のレベルの問題がある。昔と違い、教員にも効率化や成果などの実績に目が向けられるようになっている。

会社では、すべて成果が求められる。実績の上がらない会社は潰れ、新しい会社が出てくる。人は、車にしても家にしても、良いものを求めるので、教育も良いものを求める。つまり、世の中全体の要求がそのようになっているのに、先生の世界では昔のままというわけにはいかない。

世の中は正直で、口コミで評判が性格に伝わるようになった。

大学を卒業したら「先生」と言われるが、先生にもいろいろなレベルがある。先生という言葉がジャマをして、上位の教員から下位の教員にアドバイスをしにくくなっている。そのため、仕事のレベルが足りないにもかかわらず、人のアドバイスを聞かず、学習しない教員がいる。

やはり、先生も、良い結果を出していかなければ、親のほうが納得しないため、尊敬を受けられない。尊敬を受けられないと、自身がなくなっていき、うつになっていく。


宗教的なバックボーンを持ち、専門知識のレベルを上げる

先生にとっての脅威として、塾がある。勉強を教える技術の競争では、学校は塾に対して完敗に近い。このようになった背景には、教育界の思想の中に、共産主義や社会主義の考えが入っているということが、大きな原因としてある。それは、良い先生も、悪い先生も、年齢が同じであれば、給料が同じというような考え。

もう一段上のレベルぐらいまで指導力を身につけようと努力することが大事。結論的に、自分の能力に合わせた結果になる。


教師は忙しさを言い訳にしないこと

先生がうつになる理由として、忙しさを感じ、自分が追い込まれていると感じていることもある。

サラリーマンの世界でも忙しいと言っている人は大勢いる。仕事のために家に帰れない人は数多くいる。しかし、そのような状況でも悠々と仕事をする人もいるが、これは、仕事能力の差による。

やはり、教員であっても同様のことが言える。教員には、精神的なバックボーンを持つとともに、仕事能力の底上げを図るように努力していただきたい。

幸福の科学、黒田布教所・・・いつも更新している、幸福の科学、黒田布教所ブログ。いろいろな書き込みがあって、ためになるブログです。

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

「教育熱心な母親の注意点」人生の羅針盤、幸福の科学総裁、大川隆法

小学生の子供には、ついつい手を掛けすぎて、のめり込んでしまい、どのような教育をしていけば良いのか、悩んでしまう。

「現代の母親は、優れた方が多いので、ついつい子供にレベルの高いことを要求してしまう。これと同じようなことが、夫婦関係にも当てはまる。大切なことは、自制心である。

子供の反抗には、正当な理由がある場合もあるが、親のほうは聞く耳を持たず、子供の決定的な失敗を見ない限り、なかなか話を聞かないところがある。子供が自立をしていこうとしている力を感じるときには、その芽を伸ばしてあげる必要がある。

少しずつ子供の手を放して自立させる。子供の考えを聞いて、なかなか筋が通っていると思ったら、子供の考えた通りにさせてみる。もし失敗しても、取り返しのつかないような失敗でなければ、本人の勉強になる。

30年経てば時代も変わる。親が自分にとっての生きがいのすべてを子供の教育に求めていくと、かえって、子供を潰してしまうことを自覚し、バランスの良い子育てを心がける。」

大川隆法総裁も子育てでの経験を基にして話されたのであろう。なるほどと思うことが多い。何かにのめり込んでしまうと、自分が正しいと思う気持ちが強くなるのか、人の助言も聞けなくなることもあるが、一度深呼吸をして、冷静に考えてみるように心がけたい。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード