FC2ブログ

幸福実現党宣言(新党結成) 憲法第九条の問題点 (P12)


一番問題が多いのは憲法第九条の「戦争放棄」である。諸外国から見れば自衛隊は軍事訓練を行っている立派な軍隊である。ソマリア沖の海上自衛隊の活動でも、憲法をいじらずに、自衛隊法やその他の法律の方で行っている。憲法の規定ではなく憲法自体を変え、もっと正直な憲法にすべきである。

また、「国の交戦権は、これを認めない」との文は、「侵略戦争は、これを放棄し、防衛のみに専念する」「そのための戦力は、国有の権利として、これを保持する」ということをはっきりと規定し、自衛隊法の根拠を明確にすべきである。

中には、「憲法九条が、この国を平和にしている」という団体もあるようであるが、これはある意味で間違いであって、北朝鮮や中国の軍事的な動きから見ても、現在では憲法九条が国を危機にさらしていると言える。

今まで日本が戦争と無縁だった理由は、明らかに日米安保条約によって、アメリカの保護下にあったためである。

北朝鮮は、軍事的行動を見ると、核を中心とした戦力を持っている。そのため、北朝鮮が交戦してきてから日本が反撃をしているようでは、反撃の前に何十万人単位の日本人の命が犠牲となることだろう。

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード