FC2ブログ

「出る杭」日本は21世紀をいかに生きていくか(P70)

「出る杭 日本の宿命」(育鵬社)三浦朱門著

●日本の近代化は「誇るべき孤立」であった
世界的に見て、17世紀の日本の独自性は、ヨーロッパからもアジアからも異質なものであり、裏を返せば孤立したものだった。

●17世紀の日本はすでに法治国家だった。
17世紀の日本にすでに、法治主義という共通意識があり、貨幣の権威が確立していたことは、奇跡的なことだった。

●世界の「出る杭」であり続ける日本。
日本では社会的な暗黙のルールを守るが、海外ではそれは非常識な場合もある。例えば、中国では並んでいる列への割り込みは、当たり前である。日本と諸外国のそれぞれの特殊性を認識したとき、外交方針が見えてくる。

テーマ : お勧めの一冊!
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード