FC2ブログ

人生の羅針盤 公立高校の教師はプロの自覚を3(P5)

学校からイジメをなくすために、教師としてできることとは?

3.予備校や塾の講師は、激しい競争にさらされている

予備校や塾では、生徒が集まらなければ、経営が成り立たない。そのために、塾の講師の質を高めたり、塾としての質を高めたりと、あらゆる工夫を行っている。塾の講師であっても、人気の講師であれば、数千万円という多額の給料が支払われたり、衛星放送で流したりするが、人気のない講師は、給料が下げられたりクビになったりする。

ところが、学校では何もしなくても生徒が集まってくる。同年代の教員の給料は一律ということになっていると、そこには社会主義の社会ができてくる。どのように努力をしても、給料に結びつかないので、やる気が出てこないかもしれないが、プロとしての質を上げていかなければならない。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード