FC2ブログ

人生の羅針盤 公立高校の教師はプロの自覚を4(P7)

学校からイジメをなくすために、教師としてできることとは?

4.公立学校を支配する「腐敗しやすいシステム」の問題

学校の中で、いじめなどが起きる原因としては、学校自体への不満がある。その不満のもとは、教師に対する信頼感の欠如である。これは、生徒側から見ただけではなく、保護者側から見てもそういえる。保護者は、塾の講師は信用しても、学校の教師は信用していないことが多い。

この塾の講師と、学校の教師の信頼の差は、やはりシステムの差から起こっている。つまり、前者の自由主義システムと後者の社会主義システムの差である。

こういった学校の悪しき状況を分かっていても、教師をはじめ、文科省の役人もきちんと対応していない。例えば、公立学校の教師や文科省の役人自身が、自分の子供を塾や予備校に通わせたりしている。

こういった矛盾が公立学校の影の部分として出てきていると思われる。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード