FC2ブログ

大川隆法 大講演会 『未来への道』 (東京正心館)

6月7日、幸福の科学の精舎の1つ「東京正心館(東京・港区)」をメイン会場として、国内約400ヶ所に、同時衛星中継された。

内容では、政治家のあるべき姿を示された。その中で、印象的な内容として、『統治する側にある者が、心を正しく保たなければ、国が乱れ、争いの元になってくる。そういう意味において、宗教が国の浄化に一役買うのは、きわめて正当なことである。』と述べられ、また、『誠心誠意、国民のためにやっているか。自分の私利私欲のためや権力のためにやっていないか。』

今の自民党や民主党の国家答弁を見ていても、失敗隠しや細かいミスの突き合いのように見えるのは、私だけであろうか?

「今は、二大政党の時代だから、自民がだめなので民主に・・・」という安易な洗脳から、早く脱却されなければならない。これは、マスコミと癒着している民主党の作戦であることは、よく知られているところである。

マスコミの情報操作の証拠を述べておくと、次のインターネット記事をごらん頂きたい。衆院選、比例投票先は民主40%、自民26% 日経が意識調査(日本経済新聞社)

その記事の中で

『比例代表の投票先は自民、民主両党以外に公明党が7%、「その他の政党」が6%、共産党が4%、社民党が3%などだった。』

と書いてあるが、なぜ

『比例代表の投票先は自民、民主両党以外に公明党が7%、共産党が4%、社民党が3%、「その他の政党」が6%などだった。』

と書かないのであろうか? これは、明らかに幸福実現党の表記を「その他の政党」としており、これは明らかな情報コントロールであり、公職選挙法の偏向した報道に当たる。

そのことを述べている、幸福実現党 創立者 大川隆法氏の法話をごらん頂きたい。

テーマ : 幸福実現党
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード