FC2ブログ

「日本は借金大国!」の嘘

新聞にだまされないための『経済データの正しい読み方』

日本は借金大国で、国民一人当たりの借金が600万円あると言われている。これをどのように返していくかが、国政の要点にもなっている。

ところが、この借金は、だれが借りて、誰が貸しているのか?

このように問われると、なかなか答えられないが、当然ながら借りている側は日本政府である。では、誰が貸してるのか?

それは、国内金融機関が国債を購入する形で、日本政府にお金を貸し付けているわけである。つまり、日本政府が国内金融機関からお金を借りている額が膨大なのである。

反対に言えば、日本の金融機関が、膨大なお金を日本に貸していると言える。日本政府も日本であるが、日本の金融機関も日本である。

では、日本の金融機関にお金を貸しているのは誰か? それは、一般の日本国民である。つまり、お金を貸しているのは、日本国民なのである。

となると、日本人は、一人当たり600万円の借金があるのではなく、600万円の資産を有していることになる。

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード