FC2ブログ

「格差是正」で滅びゆく日本

民主党政権の根底にある「ものさし」


鳩山民主党政権は9月発足直後から、マニフェストに掲げられた政策を、実現に向けて活発に活動している。来年夏の参院選に向けて、自党を国民にアピールするために、自民党が築いたものを片っ端からひっくり返そうとしている。

各種政策に共通していることは、「格差是正」というものさしである。



「格差是正」を錦の御旗に政権交代を実現


民主党は、2005年の夏に、小泉一郎氏の「郵政選挙」で大敗したため、その後の巻き返しとして、「小泉政権によって、格差が拡大した」と訴え、格差是正を錦の御旗に戦いを挑む。

確かに、リーマンショックなど世界的景気低迷の影響で、2008年末には格差がピークに達したが、はたして、小泉政権時代に、格差は拡大したのだろうか?

この「小泉改革=格差拡大」という図式が、マスコミの自民党攻撃の材料となり、弱者に配慮するという世論をおこすことに成功した。民主党は、この世論を利用し、バラマキ政策によって、大勝を収める。

そのバラマキ政策の財源を確保するために、無駄を排除するためという名目で、有用か無駄かの判断もせず、公共事業を凍結しているよにも見える。



実は、小泉政権で、格差は縮小していた


「小泉政権=格差拡大=悪」というイメージは、実は、正しい認識とはいえなく、実は、小泉政権以前では広がり気味であった格差が、小泉政権に入ると、逆に縮小していた。(家計調査年報の資料)

「日本は貧困率が高い」と言われているが、低所得者と高所得者の倍率の推移を見ると、小泉政権の間は、それ以前と比べて、格差はむしろ小さかったのである。

さらに述べるならば、小泉政権時代に、有効求人倍率が1.5倍になり、失業率は1.5%も下がっているのである。



現政権は「大きな政府」そのもの


行き過ぎた「格差是正」は、国を間違った方向に導く。企業が派遣社員を使うのは、景気の変動に対応し、雇用を調整するためである。もし、企業への派遣を禁止してしまったら、国内に大量の失業者が発生するかもしれない。

日本人材派遣協会は、一連の派遣労働の規制強化が進めば、80万人近くの派遣労働者が職を失うことを懸念している。

この派遣の規制は、日本にもっとも税金を納めている大企業をさらに叩くという貪りの政策とも見える。



幸福の科学関連

幸福の科学 大川隆法・・・幸福の科学グループ総裁。幸福実現党創立者。

大川隆法 幸福実現党・・・この国の未来をデザインする、夢のある政党。

大川隆法 エルカンターレ・・・地球の至高神の教えを現在に伝える。

大川隆法 太陽の法・・・大川隆法総裁が、若かりし頃に書き下ろされた、仏陀の教え、地球の歴史、心の教え、未来の地球について。

大川隆法 神秘の法・・・霊界の真実を今に伝える、スピリチュアルな本。

大川隆法 仏陀再誕・・・仏陀の悟りを現代語で分かりやすく伝える、仏陀の心の教え。

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード