FC2ブログ

経営トップのあるべき姿とは

企業の生き残りのカギをにぎるのは経営者


厳しい時代においても、創意工夫によって企業は生き残ることができ、そのカギは経営者が握っている。会社とは、経営者がある思いを実現したいと考えてつくった組織であるならば、経営者が先導役となって道を切り開かなければいけない。



優れた経営者はとみの合計を増やす


仕事は、一人がバラバラで働くよりも、人数を集めて役割分担をした方が、質・量ともに優れたものができる。優れた経営者は、優れた製品やサービスを生み出し、社会にとっても貴重な存在となる。



経営者は「わが社はなぜ必要か?」を問い続けよ


この厳しい時代には、経営トップのあるべき姿について『社長学入門』(幸福の科学 大川隆法)の中に、「情熱が必要です。情熱のもとは使命感です。使命感のもとは、わが社は何のために存在するのか。なぜ存在し続けなければいけないのか。なぜ、この社会が、国が、世界がわが社を必要とするのかという問いに対する答えを求め続けることです。」


血のにじむような努力の先に、多くの人々の幸福が生まれ、社会の繁栄・発展が開かれる。経営者はそのときに初めて、経営差であることの真の喜びを味わうことができるのかもしれない。



参考図書「社長学入門」(幸福の科学出版 大川隆法)・・・第1章、幸福の科学的経営論。第2章、経営のためのヒント。第3章、社長学入門。幸福の科学出版。

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

ザ・リバティ、応援サイト

speekerdreem

このブログは、私的なブログであり、幸福の科学出版とは一切関係がありませんが、記事の良さを訴えたいと思い、立ち上げました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
幸福の科学関連リンク
幸福の科学関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード